主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第429号:4卓。

このお便りは、37312名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、このところ不安をお抱えでいらっしゃいますか。長きにわたってお悩みのことであったり、 つい先日の出来事から思慮を続けておいでであったり、何かしら、人生に悩みはつきものでございますね。 昨晩は、わたくし松原が広報に戻って初めて、震度3を超える地震があり、緊張が走った次第であります。 新しい事柄に取り掛かる。なにかを引き受ける。ときには自ら名乗りを上げられる機会もございましょう。 このときお覚えになる一抹の不安を、抱えきれなくなって溢したくなるかもしれませんが、ご安心のほど。 不安とは、適性のひとつでございます。むしろ不安を伴わない変化には、リスクがあると断言いたします。 怖いもの知らず、自信満々、無敵。そういう心もちで何かをできれば、精神的な負担は少のうございます。 それは大いに結構なことですけれども、新しいことには予期せぬ変化(トラブル)が付きまとうものです。 絶対的な自信をもってしているときに、思いがけない出来事に直面すると、心は簡単に折れてしまう次第。 ですから、絶えず不安を抱えておく態度は正しくて、お嬢様、旦那様の精神的な安定が図られるだけでなく、 少しずつ変化をしていく局面に適応する、柔軟さの礎(いしずえ)とも、言い換えることができましょう。 今のままで良いか、十分なのか、自らや他者、そして環境に問い続ける態度は、極めて妥当かと存じます。 かといって、

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)