手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、こちらから、ご退会をください。なお「主の目録」から「主の手帳」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承っております。

第1034号:看板を出すことにしました。

このお便りは、40464名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、今日までに、ご自身のご職業や、お勤め先などについて尋ねられた経験はございませんか? 日頃の振る舞いや、装いなどから職業を類推されることもあれば、まったく想像ができず、謎がある故に、 「失礼ですが」と前置きされて尋ねられることもあり、人柄を知るにあたって、大切な情報かと存じます。 実は、私たち使用人も、この手の質問には慎重にしておりまして、「お嬢様、旦那様のお屋敷にお仕えして、 もう8年が経ちまして…」などと申し上げるわけにはまいりません。執事の館・準備委員会の約束にある、 機密にまつわる条項にあたりますので、たいてい「会員制の飲食店に勤務しております」などと申します。 これが、松原や笹島(ささしま)、本山(もとやま)などのように、もともと別の所属であるものならば、 表向きの屋号を伝えれば済むことですけれども、「名古屋の仮住まい」や「名古屋の拠点」に属している 使用人は、この状況に困るよりも、密かに楽しんで、誇りに思いながらお答えしている様子でございます。 さて、私たち使用人が何をして生きているか、という部分に興味を持たれるのと同様、お仕えする場所も、 多くの方から関心が寄せられます。たとえば「名古屋の拠点」は、月に数回ほど「ここ何のお店ですか?」 などと尋ねられ、そのたび喜多山(きたやま)や菅原(すがわら)が「事務所でございます」とのお返事。 実はこの「名古

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション
BH034-LA-01
愛知県名古屋市のフレグランス【ローリエ】 3月21日(木)発送分
BH673-01
海のない街の海鮮鍋 3月21日(木)発送分

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」をお作りします。。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)2024年2月より、「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を再開しました。前者は有償ですが、後者は無料でいたしますので、ぜひお持ちくださいませ。

主の手帳【初回のみ1,777円/税別】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【0円】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の目録

  • ご予告の先回り(20分)
  • 申し付けの先回り(20分)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)
  • とくべつなお便り(メール)
  • 金貨(約1,000円のクーポン)
  • 予期せぬ贈り物