手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、こちらから、ご退会をください。なお「主の目録」から「主の手帳」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承っております。

第1026号:ハチとサルと、カギの話。

このお便りは、40533名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、きょう松原がいたしますお話は、あまりお気持ちに響かないかもしれません。ただいずれ、 どこかでお心当たりができるかもしれませんし、いま、まさにその最中でいらっしゃる可能性もあります。 この半年ほど、わたくし松原が、名古屋の拠点を手伝いながら思い出した、「箱の中のハチ」のお話です。 これは今から20年ほどまえに、伊集院光お坊っちゃまが、ラジオかインタビューにてお話になったこと。 とある部屋に、とある人が、誰も見ていない状況で、机のうえに、何も入っていない小さな箱を置きます。 そして入ってくる人に「この箱にはハチが入っているから触ってはいけない」と伝え、その場を去ります。 残されたひとは、その箱にハチが入っていると思うか、疑ったとしても刺されたくないので、触れません。 そして新たに入ってくる人に、またもや「ハチが入っている」と伝えます。その結果、箱は残り続けます。 ある日、その部屋に「ハチの駆除の専門家」という人が来て、駆除の費用を伝え、みな疑わず支払います。 伊集院光お坊っちゃまは、これを「テレビに関わる立場で言える、霊能者に対する私の考え方」と仰って、 いまだに語り継がれる秀逸な例え話となっております。おそらく、これは霊のことに限らず、宗教や組織、 人が関わる様々なコミュニティに発生しうる「根拠なき恐れ」の増大、問題のあり方だと考える次第です。 お正月から調達

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション
BH034-LA-01
愛知県名古屋市のフレグランス【ローリエ】 3月21日(木)発送分
BH673-01
海のない街の海鮮鍋 3月21日(木)発送分

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」をお作りします。。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)2024年2月より、「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を再開しました。前者は有償ですが、後者は無料でいたしますので、ぜひお持ちくださいませ。

主の手帳【初回のみ1,777円/税別】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【0円】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の目録

  • ご予告の先回り(20分)
  • 申し付けの先回り(20分)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)
  • とくべつなお便り(メール)
  • 金貨(約1,000円のクーポン)
  • 予期せぬ贈り物