主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第438号:前からある5円。

このお便りは、37376名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、松原の思い過ごしならお許しください。このところ気疲れを溜めていらっしゃいませんか。 年末年始は前からあるご縁を温める契機にございますけれども、平素とは異なる人付き合いをなさったり、 距離感が変わることによって、気づかぬうちに辛くなっていたとしても、まったく不思議でございません。 お正月に限ることなく、ハレの日は笑顔で居続けねばならないという強迫観念のようなものがございます。 せっかくのご縁なのですから、おおらかに優しくして過ごせれば、それに越したことはありませんけれど、 心のどこかに無理をなさっているとすれば、それを自ら認めて差し上げることも大切ではないでしょうか。 前からあるご縁は、程々でも大いに結構でございます…。そもそも、ふだん緊密に接していないからこそ、 ふだん近しくなさっていないのですから、近付きすぎると無理が生じるのは、自然なことと申せましょう。 そこに正しさや、居心地の良さをお求めになるほど、却って辛くなってしまうとすれば、悲しいことです。 正月早々、気持ちのどこかで、割り切るようなことを勧めるのは、松原としてもあまり気が進みませんが、 お嬢様、旦那様が笑顔の後ろがわで辛い思い、寂しい思いをなさっているとしたら、それは見過ごせません。 とくに何事もなく、大らかに過ごされているとすれば結構なことでございます。引き続きお寛ぎください。 さて。 あ

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)