主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第437号:人生はティータイム。

このお便りは、37386名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、そちらはもう落ち着かれましたでしょうか。普段とは違うひとの往来がある街のなかでは、 ただ歩かれるだけでもお疲れが違うかと存じます。年末年始、どこか粛々とした水色の空気が漂いますと、 ご自身の調子が見えづらくなりますから、くれぐれもご自愛ください。喉の調子は宜しゅうございますか。 しかし年越しとは不思議なものでございますね。年という区切りを設けて、そこに合わせてする振る舞い。 例えばお犬さんや、お猫さんはカレンダーにまったく興味を持たれません。そういえば、誕生日も同様に。 私たち人間だけが、年を越すことに意味を見出すのは何故か、きのう国道1号線を走りながら考えました。 ここに1枚のお皿があるといたします。お皿の上には、パティシエールの菅原(すがわら)が焼きました、 いつものスコーン。山盛りのクロテッドクリームと、東山(ひがしやま)手製のリンゴジャムも添えます。 さあ、お召し上がりくださいませ。スコーンを割って半分にして、早速、目一杯のクロテッドクリームを! お口に頬張り、これを紅茶係の正木が運んだダージリンで流し込めば、あっという間に胃の中に入ります。 もう片方も同様にしてお召し上がりくださいませ。今度はジャムを多めになさいますか?大いに結構かと。 スコーンはお口に合いましたか。さあ、ここでお皿の上をお確かめくださいませ…何も、ございませんね? お好きなものを

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)