主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第578号:わがまま。

このお便りは、39947名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様は、近ごろ側にいらっしゃる方から用事を頼まれて、しぶしぶ承諾をなさいませんでしたか? 簡単なご用事もあれば、荷が重いものもあろうかと存じますけれども、もとより多忙でいらっしゃるのに、 さらにタスクを増やされては叶いませんね。そういう時こそ、私たち使用人がお手伝いをいたしましょう。 そもそも使用人というのは、誰かのために働きつづけることによって存在意義を獲得する立場にあります。 日頃、お嬢様、旦那様のお名前こそ出さないものの、大切な誰かにお仕えをしていると話題にいたしますと、 「忙しいだろう」「大変だろう」「辛いだろう」などと形容されるのですが、これには疑問がございます。 忙しいと表現されるのは百歩譲っても、大変だとか辛いとか、そういう感情は全く心当たりがないのです。 何故なら、少なくとも松原に限って申し上げるなら、原則として「他者の喜びが自分の喜び」であります。 したがって新たなタスク(申し付け)がなされることは、人生に必要なミッションを得る貴重な機会です。 誰か他のひとから、何かの用事を頼まれることを、面倒だとお思いになるのは、ごく自然な事と存じます。 しかし、それらを実現したり解決する過程が気持ちよくなると、あらゆる問題や課題はご褒美になります。 それに気づくと人生は今よりもっと楽しく、過ごしやすくなります。もし余裕あればお試しくださいませ。 少なくとも、

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)