主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第559号:寂しさの正体。

このお便りは、39489名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様は「寂しさ」の正体をご存知でいらっしゃいますか。心細くて、何か足りないような感覚は、 いったい何処から始まるのでしょう。そして「寂しさ」は、どのようにして抱えていればよいでしょうか。 「寂しさ」に年齢も性別もおおよそ関係ないかと存じます。そして、それを否定する必要はございません。 常日頃から申し上げますように、ひとは自ら置かれた状況に順応いたします。ただ良し悪しございまして、 辛いことや悲しいことに良い意味で慣れることで、心身のバランスを整えようとする働きがあるいっぽう、 いわゆる「幸せ」と呼ばれるものを当たり前にしてしまい、結果、心が乾いてしまう場面もございますね。 心を守る働きによって、心が乾くというのはまことに皮肉なことでございますけれども、これが実態です。 そこに「寂しさ」をお覚えになるとすれば、何らかの変化を覚えたときではないか、と考えてございます。 つまり、辛いことや悲しいことに見舞われた瞬間。あるいは、幸せを逃してしまった瞬間。この2つです。 このとき、ただ「寂しさ」をお覚えになるだけなら結構ですが、そこに怒りや悲しみといった負の感情が、 紐付いていないかご注目をください。その反応の多くは、過去になさいました痛みのぶり返しが大半です。 これ以上、傷付きたくないが為に誰かを傷付けても、そこにご自身が幸せになる余地はないと断言します。 繰り返しますが

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)