主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第533号:守るためなのです。

このお便りは、39171名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、このあいだ身近なひとに軽視されたり、ばかにされてしまう場面はございませんでしたか? わかりやすく無視をされることもあれば、見下したものの言い方をされたり、ときには罵倒されることも。 決して気持ちの良いものではございませんね。よく辛抱をなさいました。あの時の我慢は正解であります。 一昨日、わたくし松原から差し上げたお便りでは、お相手様とご自身の「欲しいもの」と「嫌なこと」を、 あらかじめ交換しておくことが大切であると申し上げました。ところが、これをご覧になったある主から、 「他者に蔑視されたときどうすれば良いのか」というお尋ねが寄せられて、しばし思案していた次第です。 結論から申し上げますと、ひとに見下されたとき傷付く気持ちは本物とお考えいただいて結構であります。 ひとは誰しも他人に否定されると、自らの価値を後回しにして相手に合わせようとする習性がございます。 やたらと他人を下に置きたがるひとは、この習性を知ってか知らずかなさっているとお考えくださいませ。 つまり、お嬢様、旦那様を蔑視したがるひとがいたとすれば、その本質的な狙いは蔑視のポイントではなく、 自らの優位性を得ることや、正当性を保つことが目的であり、議論をしてもあまり実りはないと考えます。 従いまして、この手のお相手には「動じない態度」をお薦めします。なにをされても効かないという態度。 他人を蔑視し

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)