主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第516号:好きが嫌いを誘う。

このお便りは、38750名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、ことし夏のあいだに、仲のよいご友人やご家族とのお写真を撮られたり、とくべつ美味な お料理やお菓子などを撮られて、どなたかに見せられませんでしたか。音楽やゲームのことでも結構です。 そのとき熱烈なコメントを添えたりして…そう、お察しのとおりに、松原も日常的にしていることですね。 ふだん意識されないかと存じますけれども、そういう「好き」を表現するのは、小さな決断とも申せます。 やや穿った見方ですが、なにかを「好き」と仰ったとき、対象以外を排除しているようにも見えるのです。 そして、そこまで「好き」ではない、それより「好き」なものがある、という第3者もいらっしゃるはず。 ちいさな心の動きですけれども、ひとが抱く「嫌い」の多くは、誰かの「好き」から来ていると考えます。 そもそも、誰かが何かのことを「好き」でも、『あなたはそうなのね』と受け流せるのが大人の余裕です。 しかし人は手の届かないぶどうを「酸っぱい」と決めつけ、わざと貶し、分かり合えない関係に陥ります。 よくご覧になりますと、誰もが最初から最後まで一貫して、能動的に「嫌い」にはなっている訳ではなく、 始まりは各位の「好き」から始まります。ですから、多くのひとが被害者になりやすいのかもしれません。 きっと世の中の争いごとも、宗教や政治など事情があろうと存じますが、本質的には同じかもしれません。 いけません、話が

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)