手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、こちらから、ご退会をください。なお「主の目録」から「主の手帳」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承っております。

第1146号:本宅のホームページ。

このお便りは、42933名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原

お嬢様、旦那様、このあいだ短かい時間でできるアルバイトなど、お探しではいらっしゃいませんでしたか?
金銭的なメリットもございますけれども、お仕事を通じて得られる経験は、人生を豊かにいたしますよね。
もし興味あれば、松原からのオファーを引き受けていただけませんか。ええ、あり得ないことと存じます。

▽執事の館・実行委員会の近況をご報告します。
・【名古屋の本宅】は満了。これより4月後半〜5月前半のお仕えを計画。予定通り、3月末にご予告を。
・【お申し付けの品】は、今週末の土曜日!「ちょっとずつの箱」や「本宅の鍵」など。多すぎて調整中!
・【ホームページ】を更新いたしました。まずは「名古屋の本宅」の項。次に「お申し付けの品」に着手。
▽「名古屋の本宅」のページを、ようやく作成いたしました。この内容に過不足ございませんでしょうか?
▼給仕係の菊井(きくい)は、使用人の動向をそろえてご報告します。春は動きがあって、ややどたばた。
▼配送係の桑名(くわな)が、今週末の土曜日、21時10分から「お申し付けの品」に、ご用命を承ります。
▽「主の基金」の報告をします。被災なさった主(あるじ)からのお声を、躊躇いつつお伝えいたします。

- -
▽「名古屋の本宅」のページを、ようやく作成いたしました。この内容に過不足ございませんでしょうか?

前のお便り「第1145号:お尋ねになりますか?」は、わたくし松原より、「名古屋の本宅」などの事柄に
不明な点があれば、既出でも、重複でも差し支えないので、ご質問をお寄せください、と申し上げました。
これまでに寄せられましたご質問は 120 以上もございまして、その大半が「名古屋の本宅」の件でした。

お嬢様、旦那様もお気付きかもしれませんが、執事の館・実行委員会のホームページは、2022 年の春頃に
「名古屋の仮住まい」のページを幻にしたまま、「名古屋の本宅」の成り立ちや、お仕えの詳しい事柄は、
この「お便り(メールマガジン)」を通じて、ご報告していた次第です。未確定事項も多数ございました。

この度の取り組みを通じて、私たち執事の館・実行委員会は「Q&A」の追記ではなく、ホームページの
コンテンツとしてあるべき「名古屋の本宅」のページを、新たに作成し、松原が文章を担当いたしました。
およそ2年前に「名古屋の本宅」に取り掛かると誓って以来、試行錯誤の結果、ここまで実現できました。

★ 執事の館・実行委員会/名古屋の本宅 … https://www.butlers-house.net/hontaku
(このページは「主の手帳」を必要とせず、誰もが閲覧できる場所にございます。)

松原からのオファーと申しますのは、つまり、上記の「名古屋の本宅」の頁を、まだ帰宅なさっていない
主(あるじ)の立場や、何度かお戻りになった主の立場、まったく状況が飲み込めていない主の立場など、
さまざまな目線でご覧になり、過不足を教えていただきたいのです。報酬はスコーン2個で如何でしょう?

Web 制作や運用に詳しい主は、このページをご覧になって絶句なさるかもしれません。企業や店舗の場合、
1つのページに詰め込むことは稀と申しましょうか、あり得ないことと存じます。しかし類似する業態が
存在しないために、言葉を並べる必要がございます。また離脱や移動は、却って混乱を招くかと存じます。

★お尋ねになりますか?… https://forms.gle/GbpFPDukBR7CsG2d8

お嬢様、旦那様、いつものお便り以上の膨大なテキストで恐縮です。しかし、ご自身の立場で過不足ないか、
評価できるのはお嬢様、旦那様しかいらっしゃいません。使用人らは、やはり使用人の目線になってしまい、
どうしても言葉足らず、あるいは喋りすぎになります。厚かましいお願いですが、どうかお許しください。

もし問題なく、このまま公開して良いということでしたら、お便りを運ばせた「鳩」をひと撫でいただき、
執務室へと放ってくださいませ。そのお気持ちを励みにして、さらなるテキストの執筆に励んで参ります。

・きょうの電書鳩を優しく撫でる。(労いのお気持ちのみ)[ https://tinyurl.com/23kuojau ]

- -
▼給仕係の菊井(きくい)は、使用人の動向をそろえてご報告します。春は動きがあって、ややどたばた。

あと10日ほどで、4月でございますから、もう毎年申し上げておりますように、早いものでございます。
じつは使用人の中でも動きがあって、幸い離脱などはございませんが、生活の環境や、雇用の形態などを
変えようとしている者が複数おります。お嬢様、旦那様へのお仕えは今までと変わらず、いや今まで以上に。

・配送係/桑名(くわな)…とても美しくて、綺麗な色をした琥珀糖。お嬢様、旦那様はご存知でしょうか?
・家事係/菅原(すがわら)…モコモコなコートをクリーニングへ。寒い日が来ませんようにと願いつつ。
・家事係/姫宮(ひめみや)…だし巻き玉子を飾り切り。主に喜んでいただけて、嬉しゅうございました。

・給仕係/菊井(きくい)…カクテルの作り方を学びましょう。臨時講師を、どのバーに打診するか思案。
・介添係/矢田(やだ)…「名古屋の本宅」のお庭で薄緑色の小鳥さんに出会いました。次こそお写真を。
・家事係/高山(たかやま)…何年ぶりのもんじゃ焼き。お嬢様、旦那様、鉄板での火傷にご注意ください。

・家事係/天満(てんま)…主(あるじ)にお声かけ頂き僭越ながらカップの提案を…幸せでございます。
・家事係/作田(さくた)…暖炉の横に積み上がったお靴の箱が、まるでクリスマスプレゼントのようで。

- -
▼配送係の桑名(くわな)が、今週末の土曜日、21時10分から「お申し付けの品」に、ご用命を承ります。

お嬢様、旦那様、もしお手元のスケジュール帳、アプリケーションでも結構ですので、よる9時頃の予定に
執事の館・実行委員会の「お申し付けの品」を書き加えていただけますでしょうか。配送係の桑名たちが、
驚きをもって喜ばれるお品を打診して、リストを埋めております。「本宅の鍵」も早いうちに段取りを…。

・家事係/音羽(おとわ)…【本宅のケークサレ】あれは美味しかったです…皆が振り返る、幻の試作品。
・家事係/菅原(すがわら)…【すごいピンクのシフォンケーキ】過去にない作風。色がなかなか出ずに。
・製菓係/瀬木(せぎ)…「いちど食べたものの味を再現する能力」を桑名に語り、「すごすぎます!」
・製菓係/若草(わかくさ)…【ピスタチオとフランボワーズのガレットデロワ】、これいまどこですか?

- -
▽「主の基金」の報告をします。被災なさった主(あるじ)からのお声を、躊躇いつつお伝えいたします。

お嬢様、旦那様、きょうのお便りは、ここで終わりにしていただいて結構です。ここから先は、躊躇いつつ
松原が綴ります。ご記憶にのこる年明けの大きな地震。これに私たち執事の館・実行委員会が動いた結果、
被災なさっていた主(あるじ)からお声が寄せられています。まず、「主の基金」からご紹介しましょう。

むかし熊本で大きな地震があったとき「主の手帳」を持たれる主の皆様が、私たちにできることはないか、
という打診を執事の館・実行委員会にくださいました。募金はできるけれど、そのお金がどこに行くのか、
分かりづらくて落ち着かない。かといって見ているだけでは悔しい。そこで、私たち使用人が動きました。

まず執事の館・実行委員会は、執事の館・実行委員会ではない任意団体として「主の基金」という組織を
作りました。その名義で口座を作り、主の皆様には「 1,200 円のうち 200 円で紅茶を買い求め、のこる
1,000 円を被災なさった主に送る(募金する)」という仕組みを考案、会計係の監修にて、実行しました。

被災なさった主には、Google のアンケートフォームで、お身体への影響、お住まいへの影響などを伺い、
その自己申告に基づき、「主の基金」が額面を決定し、速やかに振り込みます。正確さよりも速さを重視。
全国的にも例のない取り組みです。年明けの震災では、合計で 5,000 口以上のお心遣いを頂戴しました。

きょう、これまでに寄せられました、被災なさった主のお声をご報告いたします。何度も申し上げますが、
お心に響きすぎる恐れがございますので、読み飛ばされても結構です。ここで閉じられてもかまいません。

★★★ この星のマークが次に出てくるところまで、ジャンプなさっても大丈夫です。主からの感想です。

- -
本日支援金の振込を確認いたしました。手配ありがとうございました。

実はまだ、私の別宅のある新潟市の罹災証明書は、「著しく外観から住めないと判定」されない限り
宅内調査がはじまったばかりで展望が見えていません。復旧工事の着工も補助金申請もこれからの話に。
ただ、別宅から通りをひとつ挟むと分かりやすく全壊の家がまだ手つかずで多数見受けられます。
うちはいい方だと思うしかありませんでした。

なので、車庫の扉も閉まらず、玄関も閉まり切らない、防犯意識も程遠い別宅で
ひとり3か月目を過ごしていて、仮の手帳のままだからと諦めかけていたところの支援は
本当に心からの支えとなりました。本当にありがとうございました。

新潟のいちあるじより

- -
主の基金の入金、確認致しました。
多額のご寄付、本当にありがとうございます。助かりました。

簡単なお礼の言葉しかお伝えできず、歯痒いですが本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

- -
一言お礼を伝えたく思いまして、返信させて頂きました。

この度は沢山の主様からお心を寄せて頂き、貴重な基金を送金頂き、本当にありがとうございます。
まだまだ問題課題、山積みではありますが、皆さんの温かさに涙が止まりません。
現在仕事に行っておりますが、帰宅後自宅やご近所の片付けや整理に追われています。

私より、さらに辛い思いをされている方が沢山いらっしゃると思うと、胸が苦しくなります。
いつも本当にありがとうございます。毎日のお手紙、楽しみにしています。

諦めずこれからも現在を生きてゆきます。
寒暖差激しい日が続いています。皆さんも、お身体にお気をつけてお過ごしください。

いつか帰宅を夢みております。

- -
一部損壊、と1月に連絡しましたが、あの後<全壊>となりました。
埋めたてた旧河川の上にある立地上、思うように道路復旧が行われず、
新潟はニュースにある通り広範囲の被害となり、次々に商業施設も閉店しています。

それから、震災が原因の転倒で、とても慕う方が今月上旬に息を引き取りました。
震災、家屋破壊、道路の損傷、ライフラインを担っていた店舗は倒壊の危険に伴う閉店と
家族の死。容赦なくふりかかる葬儀と、無慈悲に締め切られていく行政の手続き。

いろいろなことが起こりすぎて、心がマヒしているような感覚を覚えます。
まだ未来を考える力がわきません。あまりにも突然に失いすぎました。

それでも他の主から集められた支援の気持ちは、いずれ歩き出す私を救うでしょう。
悲惨な環境下におかれた被災者全員に、これ以上の不幸がおきないことを祈っています。

報告は以上になります。短文ですが、今夜はこれにて。

- -

★★★ ここまで。

ご覧のとおり、揺れはまったく収まっておりません。物理的な揺れは、あの数日間だったでしょうけれど、
かの地に住まう主の心は、まだ揺れたままです。きょうのお便りを通じて、まだ終わってはいないことを
知っていただければ、わたくし松原は嬉しく思います。そして、心を寄せてくださったことに感謝します。

いつも長いお便りをします。わずか3日、4日のあいだに起きたこと、見つけたことを話題にして綴ると、
こんなにもなってしまいます。今日は、執事の館・実行委員会の新しいお仕え「名古屋の本宅」の記事を
ご覧いただきたいのと、「主の基金」の動きをご報告しました。あと、電車もいくつか納車されています。

お嬢様、旦那様には「名古屋の本宅」がございます。そして「主の基金」もございます。このほかにも沢山。
ふつうの人より支えられる環境や、仕組みがありますから、その事実が励みになったなら嬉しく思います。
そして、本当に必要なときは迷わずに頼るのです。自分なんかまだ、とか言わず、絶対に頼ってください。

申し訳ございません…タイプライターの電池が切れそうです!このまま、見直しせずにお送りいたします。

よい夜を!


サイゼリヤにて。

執事の館・実行委員会
広報係/松原(まつばら)
- -

私たち執事の館・実行委員会は、おおむね水曜日と、土曜日の夜に、お便りをしてご報告を差し上げます。
もし広報係のお仕えにご満足をいただけて、お気持ちに余裕があれば、下記の「労い」をご検討ください。

・きょうの電書鳩を優しく撫でる。(労いのお気持ちのみ)[ https://tinyurl.com/23kuojau ]
・きょうの電書鳩にお水をあげる。(スコーン1個ぶんの労い)[ https://tinyurl.com/2cmaynoc ]
・きょうの電書鳩にご飯をあげる。(スコーン3個ぶんの労い)[ https://tinyurl.com/2ylpd8t7 ]

2023年の5月に「名古屋の本宅」を叶え、お嬢様、旦那様のお帰りをお待ちしております。ご予告は月1度。
これまでの流れは、過去のお便りに綴っていますが、1,100 以上ございますので、何とぞご了承ください。
https://www.butlers-house.net/blog/entries

もし「主の目録」を所有なさると、とくべつなお便りのほか、ご予告、お申し付けの先回りが実現します。
★主の目録 … https://www.butlers-house.net/product?product_id=3887

お便りのお届けを中止する(メールマガジンの配信停止を望まれる)場合は、手帳にございます、下記の
URLから「手帳の破棄」をお申し出てくださいませ。あるいは、別のアドレスへの書き換えも承ります。
https://www.butlers-house.net/mypage/secession

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」がございます。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)2024年2月より「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を再開しましたが、多くの主(あるじ)からのご記帳を賜りまして、2024年2月28日をもって、ふたたび中止いたしました。お許しくださいませ。

主の手帳【初回のみ1,777円/税別】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【0円】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の目録

  • ご予告の先回り(20分)
  • 申し付けの先回り(20分)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)
  • とくべつなお便り(メール)
  • 金貨(約1,000円のクーポン)
  • 予期せぬ贈り物