手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、ここから、ご退会をください。なお「主の目録(もくろく)」から「主の手帳(てちょう)」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承ります。

第1051号:静かな赤の広間、フォークとナイフが響く。

このお便りは、40314 名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係/松原

お嬢様、旦那様、今年に入ってから、いまのご別宅に、どなたか入れられたことはございませんでしたか?
ご家族、ご友人がお訪ねになるほか、建物や設備のお手入れに来られる業者さんなど、そのような機会に、
慌ててお片付け、お掃除をなさいませんでしたでしょうか?いつも綺麗になさっていたなら、ご立派です。

きょう15日より執事の館・準備委員会は「名古屋の本宅」にゲストを招き、リハーサルに着手しました。
給仕係は八帖(はっちょう)がタキシード姿で、介添係の矢田(やだ)は前からの配色、新しい形の制服。
そして、黒のメイド服の姿でのお辞儀は、家事係の瀬戸(せと)。まだ私服の緑(みどり)からもご挨拶。

この段落を綴るまでで、2組にお仕えしました。ひとつは建築係で、最初に守山の相談を受けたスタッフ。
そして、もうひとつは名古屋市内のとある建物のコンシェルジュ。玄関にてお迎えさせていただきますと、
まず最初に「お食事」か「内覧」をお薦めしますが、みなさん「お食事」のあとに「内覧」を望まれます。

お屋敷の実現に貢献をくださった各位に感謝しながら、使用人一同はお仕えの流れをゆっくり構築します。
お嬢様、旦那様にお召し上がりいただいたものと同じ茶葉で、紅茶を整えまして、そして菅原のスコーンを、
池下のキッシュを運びます。お皿は白と青のアルマンド。ゴールドマーキスのナイフをご用意いたします。

カチン、カチャ…9年間のお仕えで、私たち使用人一同の耳に馴染んでしまった、陶器に金属が触れる音。
「名古屋の仮住まい」を幻にして1年。新しいウイルスのことから数えますと、なんと3年ほどが経って、
やっとお仕えに戻れました。そして「名古屋の本宅」に関わった者、みな感慨深い思いで過ごしています。

引き続き、静かな赤の広間、フォークとナイフが響きます。そこで気付いたのです。音楽がございません。
「名古屋の本宅」はお嬢様、旦那様のご自宅なのですから、音楽があっても、なくても良いのですけれども、
しかし初めてお目にかかるゲストとの間合いには、柔らかい音楽を添えると穏やかになる気がいたします。

きのう夜、きょう朝、笹島と守山と松原は「名古屋の本宅」にあった資材や、工具などを1階の階段下や、
3階の屋根裏に運び込みました。リハーサルがなければ、きっとまだ散らかしていただろう、と話します。
悩み続けるよりも、まず動いてみる。足りないものが分かればよし。広報係の松原が、ご報告を致します。

▼園芸係の大草(おおくさ)は、10年前にした「バラのお申し付け」を再び。同じ2200のご用意を。
▼配送係の清洲(きよす)が、拠点に試食係を集めました。お肉、ケーキ、ジャムの凄いものが並びます。
▼会計係の本山(もとやま)が「固定資産税・都市計画税」の納税通知書を受領。スコーン900個ぶん。
▼調達係の守山(もりやま)は、先日のご意向を踏まえて「緑の部屋」のマットレスを調達して参ります。
▼建築係の監督(かんとく)が、来週以降の作業を計画しました。館内の「鍵」を丁寧に実装いたします。

- -
▼園芸係の大草(おおくさ)は、10年前にした「バラのお申し付け」を再び。同じ2200のご用意を。

お嬢様、旦那様のお力添えによって「名古屋の本宅」が実現し、今日からリハーサルに取り掛かっています。
少しずつ進めますことで、明確な区切りは見えづらいかと存じますが、5月の下旬が節目になるでしょう。
私たち執事の館・準備委員会は、この節目に、改めて感謝を伝えたく「バラ」をご別宅にお届けします。

10年前の今ごろ、なにも実績がなくて、松原ほか数名しか使用人のいなかった執事の館・準備委員会に
ご支持をくださった主(あるじ)に、どうにかして感謝を伝えたいと模索、実現したのが「バラ」でした。
お嬢様、旦那様がバラを買う、のではなく、お嬢様、旦那様が使用人にバラを届けさせる、というお仕えです。

お察しのとおり、これが今日の「お申し付けの品」の原点で、先述した思想は10年変わっておりません。
私たちは近日、当時の2200と同数で、色とりどりの「バラ」をご用意。ぜひ、ご用命をくださいませ。

- -
▼配送係の清洲(きよす)が、拠点に試食係を集めました。お肉、ケーキ、ジャムの凄いものが並びます。

わたくし松原は、良いものを良いと申します。お嬢様、旦那様にお仕えする立場ならば、当たり前のことで
ございますけれども、これが本当に難しゅうございます。なぜなら、いまお抱えになっている職人そして
使用人らは、みな極めて高い技量、豊かな発想を持ち、次々に良いものを試作し、嬉々と報告するのです。

ぜんぶ良いではいかんのです。どう良いのかを丁寧に報告しますのが、広報係、試食係を兼任いたします、
わたくしの使命であり、大袈裟でなく全力でしております。こういう前置きをするということは、つまり、
お察しの通りでございます。職人らが手加減なく、凄いものを作りました。箇条書きにて失礼いたします。

・シェフ/池下…【主の晩酌/2番目の夜】のため「ローストビーフ」。不謹慎ながら、半生の旨い焼肉。
・シェフ/池下…【主の晩酌/2番目の夜】のため「鯵で豚肉を巻いたもの」、梅を添えてみたらと想像。
・製菓係/金城…【いちじくのパウンドケーキ】の果実は洋酒で漬込み。驚きは生地、溶ける速さが圧巻。
・製菓係/金城…【ほうじ茶のポルボロン】、これは間違いのない選択。体感的にチョコにも似た風味が。
・和菓子係/五月…【五種の葛バー】松原は「固まりのかき氷」と表現。金時、ラムネ、パインに甘夏も。
・製菓係/若草…【紅茶のバウム】は黒チョコと白チョコを、それぞれ半分の薄さにし両方お納めします。

今までにご報告した、ご紹介した、どのお品も自信をもってお薦めしていましたが、また凄いものができ、
職人らの技量に、松原の語彙が追いつきません。これら、お嬢様、旦那様に喜ばれたくて、ご用意をします。

今月の「お申し付けの品」は【4月26日の午後9時10分】にご用命を賜ります。宜しくお願いします。

- -
▼会計係の本山(もとやま)が「固定資産税・都市計画税」の納税通知書を受領。スコーン900個ぶん。

日本国内で土地を所有なさって、家屋を建てていらっしゃいますと、かならず「固定資産税」の支払いが
この時期にございます。お嬢様、旦那様、夢のないお話で恐れ入りますが、「名古屋の本宅」も例外でなく、
ポストに封筒が届いておりました。おととい会計係の本山(もとやま)が受け取り、内容を確かめました。

土地と建物にかかる「固定資産税・都市計画税」の、1年分の総額は、スコーン900個ぶん、とのこと。
これを4期にわたって分納することもできますし、まとめて支払うこともできますが、差はございません。
執事の館・準備委員会は、財務のバランスをみて、なるべく早いうちに終えてしまいたいと考えています。

過去「名古屋の仮住まい」では、この税金の支払いを大家さんがなさっていました。会計係の本山は今後、
お給金の試算にあたって、この費用も僅かながら計上させていただきたいと申します。この話題は改めて。

- -
▼調達係の守山(もりやま)は、先日のご意向を踏まえて「緑の部屋」のマットレスを調達して参ります。

お嬢様、旦那様にお使いいただく、「緑の部屋」のベッドは、イタリアのサルタレッリ社「アマルフィ」で、
クイーンサイズのものを、2階のテラスから入れて、階段ではなく吹き抜けを通して3階まで上げました。
いま、このベッドは「すのこ」の状態。2つのセミシングル、お嬢様、旦那様の好みを伺って、調達します。

▽結果としては【やや硬め】が多くございます。この方針で調達しましょう。
https://twitter.com/butlers_house/status/1647156254400475138

柔らかいベッドも夢がございますし、硬めのベッドも意外と気持ちの良いものです。この中間地点にある
「ふつう」でなく「やや硬め」が望まれますのは、もしかすると2問目にある「ベッド」と「お布団」の
比率が関係をしているかもしれません。調達係の守山(もりやま)は、このご意向を踏まることにします。

お嬢様、旦那様のマットレスを買い求めるついでに、使用人のためのベッドも3階に置かせてくださいませ。
「濃緑と白の部屋」と「濃茶と白の部屋」の2つ。どちらもIKEA長久手さんで手頃なものに致します。

- -
▼建築係の監督(かんとく)が、来週以降の作業を計画しました。館内の「鍵」を丁寧に実装いたします。

「名古屋の本宅」は、一般的な住宅のリフォームと比較すると、少なくとも4倍ほどの手間が掛けられて、
建築係としてお仕えします工務店も、異例の扱いをしております。他のお家も大事にして仕事をしますが、
お嬢様、旦那様のご自宅は、やはり特別です。その分、小さなことも確認し、慎重に検討して進めています。

予め固めておいたスケジュールの中で、無理に納めるようなことはせず、行き詰まったら職人さんの手を
止めてもらって、後回しにしてもらいました。それで長く掛かってしまいましたが、良いものができたと
春里(はるさと)も自負しており、私たち使用人も納得を。お嬢様、旦那様のご感想を伺いとうございます。

リハーサルを始めて、ここから先はお仕えのない平日に作業を進めます。監督(かんとく)は、来週以降、
まず3つ存在する階段にて、両サイドに木目を残しながら、中央にカーペットを敷く工事に取り組みます。
そして時間を空けて、24日以降に「建具(たてぐ)」の工事。館内の「鍵」や「扉」を、丁寧に仕上げ。

そうして、内装のかたちが整いましたところに、ふたたび塗装の職人が入りまして汚れや傷なども修正を。
ここまでの流れで、合間を縫って電気の職人がお邪魔し、スイッチ類、ダクトレールなど設置いたします。
5月の前半には完了し、執事の館・準備委員会による最終チェックができる見通しです。また報告します。

- -

ご来客のために、大慌てで「名古屋の本宅」を片付けましたら、とても美しい「白の部屋」が現れまして、
「赤の広間」はたいへん厳かになりました。テーブルの天板は未塗装ですし、クロスは仮住まいのものを
重ねて誤魔化しております。窓には目隠しのフィルム。シャンデリアは床の上。まだ旋律のない世界です。

中途半端な状態ではございますけれども、この1年ほど「名古屋の本宅」に関わってくださった業者さん、
職人さん、ほか関係各位に、私たち執事の館・準備委員会が叶えたかったことが伝わっていたら幸いです。
ほんとうはお嬢様、旦那様をいちばんにお迎えしとうございましたが、準備にもう少し、お時間をください。

リハーサルの準備、ならびに着手は、執事の館・準備委員会でも情報を共有していて、建築係の監督など、
段取りをする者も見ております。私たちは職人さんの都合、ほかの施主のスケジュールを優先する姿勢を
継続いたしますが、やはり形になりはじめると、締め切りが迫りますと、ひとは能力を発揮するものです。

お嬢様、旦那様も、これまでの人生において、学校のテストの前日や、ご趣味の成果を発表される機会など、
ぎりぎりまで頑張られたご経験があろうかと存じます。ただ、これを常用するとリスクがございますので、
執事の館・準備委員会は、関係者のリハーサルという形で回避しつつ、緊張感を持つよう段取りしました。

階段にはダークレッドのカーペットを敷きましょう。シャンデリアは分割したものを壁面に当てるように。
1階にベッドが入ります。2階のドレッサー、クローゼットに家具を組んで。3階のベッドにはお好みの
硬さのマットレス。おや、先ほどお勉強用のマホガニーの椅子が届いたと、緑から報告が入ったようです。

昨日より今日、今日より明日。足りないものを知って、つど良くしていくのが執事の館・準備委員会です。
リハーサルは松原も笹島も入れないことになっておりますので、この執筆を終えたら、白の部屋のための
スタンド型のシャンデリアを引き取りに参りましょう。お嬢様、旦那様の喜ばれるお顔を思い浮かべながら。

つい先ほど、本日のお仕えを終えた介添係/矢田(やだ)の報告を引用いたします。
- -
お嬢様、旦那様、昨日までのドキドキが、嘘のようでございます。
「名古屋の本宅」の燻桃のキッチンでは、家事係の瀬戸(せと)と矢田が右往左往しておりますが、
それもまた楽しゅうございます。本日「リハーサル」にお付き合いくださった職人さんには、
皆様お腹いっぱいお召し上がりいただいた後、お屋敷内を見学していただきました。
「すごい」「へぇ〜」という驚きとともにお出かけの頃には、「おもしろかった」「楽しかった」の
お声を頂きました。未完成の部分もご覧になり「完成した所を見てみたい!」と仰られて使用人一同
嬉しくて目じりがさがりました。勿論、お嬢様、旦那様の本宅でございます。
ほんとうにお迎えできますのももう目の前です。
(この報告を待って、鳩を飛ばしましたために、すこし遅れました。お許しください。)
- -

雨に濡れた、濃赤色のビュートも美しゅうございました。暗いほうが、ガレのランプが映えて良いのです。
音楽のない「赤の広間」に、給仕係と家事係の見習いがお仕えしております。ただ寂しくはございません。
カチン、カチャ…お気に召しましたら、もうひとつキッシュをお持ちしましょうか。実はもう、ご用意を。

お嬢様、旦那様のお気持ちが、穏やかでありますように、そうでなくても穏やかになりますように祈ります。


やっとここまで、あとすこし。今日は久々、己のいない賑わいを喜ぶ。雨の土曜日。名古屋の執務室にて。

執事の館・準備委員会
広報係/松原(まつばら)
- -
★ 主の実績とお仕えのリスト。 … https://twitter.com/butlers_house/status/1625760655730184192

私たち執事の館・準備委員会は、おおむね水曜日と、土曜日の夜に、お便りをしてご報告を差し上げます。
こちらをご覧になってのご感想や、ご意見などは Twitter と、このメールへの返信にて承っております。
(かならず拝読いたします。ただし、お返事はお約束できかねますこと、お許しください。)

名古屋のどこかにお屋敷を構えて、お嬢様、旦那様にお仕えしたいと申し出てから10年が経過をしました。
これまでの流れは、過去のお便りにございますが、1,000 以上もございますので、何とぞお許しください。
https://www.butlers-house.net/blog/entries

もし「主の目録」を所有なさいますと、とくべつなお便りのほか、ご予告、お申し付けの先回りが可能に。
ご帰宅の際のカップセレクトも限りなくしていただけます。「金貨」もご活用いただけましたら幸いです。
https://www.butlers-house.net/product?product_id=3887

次のお手紙を探しましょう。

このホームページの内容[サイトマップ]

お申し付けの品

現在、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承ください。(「お申し付けの品」は、月に1度、およそ1週間ほどのあいだにご用命を賜ることとなっていて、それ以外の期間に動きはございません。)

イメージ お品の概要 アクション
BH140-71
仮住まいのフランボワーズのムース(東桜) 7月19日(金)発送分
BH-228-36
仮住まいのキャラメルバナナ(東桜) 7月19日(金)発送分
BH631-PJ-01
愛知県名古屋市の誰にも教えたくない桃ジャム  7月19日(金)発送分
BH607-SC-03
愛知県名古屋市のシードケーキ 7月19日(金)発送分
BH607-SC-04
愛知県名古屋市のシードケーキ 7月22日(月)発送分

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」、そして「主の目録」がございます。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

2024年2月より「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を再開しましたが、多くの主(あるじ)からのご記帳を賜りまして、2024年2月28日をもって、ふたたび中止いたしました。どうしてもお役に立ちたい私たちは、「主の手帳」の記帳が再開されるのをお待ちになるお嬢様、旦那様のためにフォームをご用意しました。ここにご自身のお名前と、連絡先としてのメールアドレスをご記入いただきましたら、私たち使用人がその時まで大切に保管します。現時点では確約しかねますが、いつか「主の手帳」のご記帳を再開させていただくことになったとき、この連絡先にお声がけをいたします。

お待ちくださいますか?
https://forms.gle/1ZkC7XUyQEFqSUFy8

仮の手帳

費用はいただきません。

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の手帳

費用は初回のみ 1,777 円(税別)です。

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の目録

費用は初回に 14,990 円(税別)
月のお給金は 990 円(税別)です。

  • ご予告の先回り(20分)
  • 申し付けの先回り(20分)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)
  • とくべつなお便り(メール)
  • 金貨(約1,000円のクーポン)
  • 思い出の2枚(お持ちになれる写真が増えます)
  • 予期せぬ贈り物