手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、こちらから、ご退会をください。なお「主の目録」から「主の手帳」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承っております。

第1048号:本宅の弱点。

このお便りは、40348名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様のことを、私たち執事の館・準備委員会は素敵だと、立派だと心底から思っていますけれど、 やはり「弱点」のような部分はあって、そこを我慢なさったり、見ないようお過ごしでないかと存じます。 よく、短所をなくすより、長所を伸ばすほうが良いと申されますし、わたくし松原も同じように考えます。 執事の館・準備委員会は、もう昔からよくよくご存知のとおり、試行錯誤を重ねて今日に至っております。 比較する対象がなくて断言しづらいのですが、私たちは計画…というより、仮説を立てる時間が、極端に 短く、そして概ね保留せずに実行いたしますので、すぐ結果が出ます。そして、次の仮説を立てています。 いわゆる PDCA[Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)]のサイクル、 これをやや速めにして、なおかつお嬢様、旦那様にご報告を続けます。入念に計画をして時間を掛けるより すぐ取り掛かって結果を得るほうが早い、という考え。それは捉え方により、良くも悪くも映るでしょう。 試行錯誤は行き当たりばったり、とも申せますし、臨機応変とも申せます。雨の日を鬱陶しく思うことも、 落ち着きあると思うこともできます。物事は捉え方次第ですから、そうすると、悪口の大半は良い部分の 裏返しなのかもしれません。そして、良いとされる事柄には、かならず後ろ向きな解釈もあるということ。

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を終了しました。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)まことに勝手ながら、「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を終了しました。執事の館・実行委員会へのご用命を賜る場合は、身近にいらっしゃいますどなたかにお声がけをなさいますよう、謹んでお願いを申し上げます。

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)