主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第691号:おはぎの宴。

このお便りは、41815名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、近頃すこし勿体無いことをなさいませんでしたか。せっかくの時間やお金を使いすぎたり、 何かに申し込むチャンスを逃したり、そのほか大切なものを無くしたり、期限を過ぎてしまうなどの経験。 覆水盆に返らずと申しますけれども、後になって気付いたときのショックは思いのほか大きいものですね。 人生において、後悔をする場面は数多くあると存じます。生きている時間が長く、経験を積めば積むほど、 失敗の数は多くなって当然でございます。その分、良いことも多いのですが、人は痛みを避けようとして、 幸せの確認よりも、不幸の反芻(はんすう)を強くしがちです。それは、人間の本能なのかもしれません。 上手くいかないことがあったとき、ひとはその事実をもとにして自己否定をいたします。失敗なさるのは、 とうぜんご自身なのですけれども、それをしたからといって価値が下がるかというと、それは別問題です。 とくに、他人が関与していない事柄であれば尚更のこと。自分しか知らない失敗に、落ち込みは不要です。 ごくごく当たり前のことでございますけれども、失敗は結果ではなく、上手くいくまでの過程であります。 失敗にも大なり、小なりございますが、いずれも過程と呼んで差し支えないでしょう。ぜひ、これまでに 経験なさいました失敗、いまだ引きずる後悔について見直してください。お嬢様、旦那様は悪くないのです。 冒頭で述べまし

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)