主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第454号:危機は去りて。

このお便りは、37644名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、日中の配送室は暖かくて、春の訪れを覚える次第。そちらの街は如何でございましょう。 厳しかった冬の寒さが和らぎますと、心持ちもどこか柔らかくなったような気がいたしませんでしょうか。 私たち、執事の館・準備委員会が置かれます状況も、この変化に伴って移り変わってきたように思います。 昨年の11月。ご記憶にも新しいかと存じますが、わたくし松原が広報係にもどり #11月の危機 を訴えて、 執事の館・準備委員会の現況を包み隠さずにお伝え申し上げました。そして、たくさんのお知恵を拝借し、 「主の目録」を含む、いくつかの施策を実行し今日に至ります。さて、その成果は出ていたのでしょうか。 きのう執事の館・準備委員会は、会計係、財務係を交えた会議を持ちまして、昨年11月以降の収支を報告。 あくまでも試算ベースと前置きをしながら、2017年11月から、今年2月までの4ヶ月間は黒字化していて、 過去の赤字を打ち消し始めているとの結果でございました。まだ安心は出来ませんが、好転しております。 申し上げるまでもなく、 #名古屋の仮住まい 、 #お申し付けの品 、そして #主の手帳 に #主の目録 。 私たち執事の館・準備委員会がお仕えする様々な取り組みに支持をくださり、つどご用命をくださいます お嬢様、旦那様あっての結果でありますことを、ここに心からお礼を申し上げます。ありがとうございま

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)