主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第1007号:屋根裏の裁縫室。

このお便りは、40244名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、きょうのご相談する事柄は、まだ執事の館・準備委員会の議題にしていなくて、わたくし 松原のほか、介添係の矢田(やだ)にしか話していません。従って、お嬢様、旦那様と同じようにお便りを 受け取っている使用人や職人らは、驚くかもしれませんし、もしかすると何か意見をするかもしれません。 昨日のことでございます。この日は、予てから新しく家事係に合流しました日吉(ひよし)が、会計係の 本山(もとやま)と会って、判子をする約束ついで、#名古屋の本宅 を見学することとなっておりました。 1階、2階、3階、どの部屋を見ても驚き、そして喜び、お嬢様、旦那様にお仕えする日を待ち望みました。 この日吉が、とくに気に入りましたが3階の倉庫でして、ここは建物の構造上、屋根裏に位置しています。 #名古屋の本宅 の外観で、屋根に見えるところ、実際には3階でして、ここに「緑の部屋」と「洗面所」、 そして「住み込みの使用人」の居室が2つございます。そして、廊下の一番奥には「倉庫」がございます。 去年の11月、まだ日吉が、日吉という名前ではなかった頃、「どうしても使用人になりたい」と申して、 執事の館・準備委員会に応募してきました。まだ高校生で、学校の先生、そしてご家族を一生懸命に説得、 「私はお嬢様、旦那様にお仕えしたい」と押し通して、採用係の菊井(きくい)に会った経緯がございます。 (そして日吉

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)