主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第970号:スワロフスキーの憂鬱。

このお便りは、40502名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、もしお手隙でいらっしゃいましたら、お考えを伺いたい事柄が、ひとつだけ、ございます。 6月より、私たち執事の館・準備委員会が取り組んでおりました #名古屋の拠点 が間もなく完成します。 この建物の外観と、内装を見学なさいますでしょうか?昨晩より Twitter を通じて伺っている次第です。 予てからお伝えしております通り、#名古屋の拠点 は、主(あるじ)から帰宅をいただく場所ではなくて、 パティシエールの菅原(すがわら)がお菓子を焼く厨房、配送係の若鶴(わかづる)などが働く配送室を 実現するところでございます。ここに株式会社九十の登記をしまして、本社としての機能を担う次第です。 きのう日曜日、わたくし松原は建築係から #名古屋の拠点 の鍵を預かり、工事の進捗を見て参りました。 左の棟、手前側に設けることとなっていた「白の部屋」は、#名古屋の仮住まい の再現。この出来栄えに、 圧倒されてしまった次第です。面積こそ狭いものの、あの空間が見事に再現されており、感動をしました。 これまで #名古屋の拠点 の内装については、なるべくお嬢様、旦那様にご覧いただく方針で参りましたが、 つい先日、幻になったはずの「白の部屋」を撮影し、呟きに添えることが、どうしてもできませんでした。 この葛藤を、執事の館・準備委員会に報告して、今後の方針を検討するなか、浮上したのが「内覧」です。

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)