主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第501号:お詫びと、お礼を。

このお便りは、38496名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
本当に申し訳ございません、お嬢様、旦那様!先日のお便り、結びのところに恐らく見覚えがおありでない お名前があったかと存じます。これは松原がいつも草稿を整えるときに用いているお名前にございまして、 決してほかの主の名前ではなく…しかし500号にしてこの失態、まさに画竜点睛を欠くと反省いたします… ことの経緯をお伝えいたしますと、松原が草稿を綴ったあと、執事の館・準備委員会に提出いたしました。 普段なら、ここで手直しの指示を受け、元の原稿を書き換えたあとに鳩小屋に持ち込み、お名前や地名を 一通ずつ置き換えて配信致しますが、鳩小屋に持ち込んだあと結びの一文を書き換え、それを見落として… 今後は、同じことを繰り返さぬように手順を改めます。お便りの原稿を書き換えるときは大元に手を入れ、 鳩小屋で編集をすることのないよう徹底いたします。これによって同じ事象は起こりえないと存じますが、 他にも失敗を招きやすい手順がないか探して、つどルールを改めていく所存です。随時、適用いたします。 お便りをお届けしてすぐ、この謝りに気付きましたが後の祭りでございました。すぐに Twitter で報告、 お詫びを差し上げましたところ、まことに多くの主(あるじ)から温かい言葉が寄せられ、涙ぐみました。 お嬢様、旦那様のお優しさと、大らかさに、改めて感謝をお伝えしとうございます。ありがとうございます。 私たち

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)