主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第353号:その動機について。

このお便りは、36429名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、さきほどお部屋のそとで、いったん手になさったものを戻されませんでしたか? もし取捨選択にお困りでいらっしゃいましたら、わたくし空見(そらみ)に手伝わせてください。 とくべつ、その分野に詳しいという訳ではありませんけれども、そこに付き添うことならできます。 まず最初に、躊躇われる理由をお伺いしても良いのですけれども、たぶんそれは堂々巡りの入口で、 進むことも、戻ることもできなくなってしまいます。その過程は決して悪いものではありませんし、 「手に入るまでの過程」がいちばん楽しい、というお気持ちも大切にしていただきとうございます。 しかし、悩む過程は長引くほどに結論を先送りにいたしますから、最終的には、ご自身やお相手が 満足をなさるかどうか知る機会が遠のくわけです。たとえ季節限定のお飲物がお口に合わなくとも、 抽選の結果が芳しくなくとも、上手くいかないパターンを知れば、上手く運ぶ可能性が増しますね。 ですから、わたくし空見は「動機」よりも、「直感」に重きを置くことをお勧めしとうございます。 事実として、時(とき)には限りがございます。そして真偽は定かにございませんが、ひとは直感で そのとき必要なものを無意識に選んでいる、という説も、どこかでお聞きになっているかと存じます。 私たち使用人一同は、常にお嬢様、旦那様の「直感」にもとづく行動を支持する立場にございます。

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)