主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

第853号:怖いお話をいたしましょう。

このお便りは、41509名のお嬢様、旦那様に宛ててお送りいたしました。

広報係・松原
お嬢様、旦那様、ご別宅の暑さに溶けてはございませんか?長かった梅雨も明けて、夏は本番であります。 まいとし夏の間はずうっと申し上げておりますけれども、暑い時季は、喉が渇いていなくても水分補給を、 眠気が来ていなくても横になることを、お腹が空いていなくても召し上がることをお願いしたく存じます。 しかし、この暑さでは致し方ありません。少しでも涼しくするために、空調を整えて、お召し物を変えて、 出来る限りのことをしましたら、怖い話でもいたしましょうか。夏には怪談が定番にございますけれども、 実は「怪談で涼む」というのは俗説であるとの話もございます。由来は、夏の歌舞伎、「涼み芝居」です。 所謂「涼み芝居」は、東海道四谷怪談などの、幽霊や妖怪などが出演する恐ろしいお話を上演なさいます。 この原点は、日本の農村にて行われていた「盆狂言」にあり、この伝統を引き継いでいる説がございます。 お盆に戻ってくるのは祖先の霊魂のほか、無縁仏や怨霊もあると考え、その苦しみと成仏を演じるのです。 夏に怪談をする文化は昔からございますけれども、そこに涼しさを求めるのは後付けの文化でありまして、 日本に古くから伝わる「お盆」の習慣に始まりました。余談ではございますけれども、遠くアメリカでは、 ハロウィンに怪談をなさるのが多いそうです。理由は同じで、死者の魂が帰ってくる季節と考えられます。 きょうも前置きを

......

まことに申し訳ございません…。

手帳をお持ちですか?

このお手紙の続きをお読みいただくためには「主の手帳」「仮の手帳」、もしくは「薄い手帳」へのご記帳(会員登録)が必要でございます。すでに、いずれかの手帳をお持ちの方は、下記のリンクからお進みくださいませ。

「主の手帳」をお作りしますか?

新たに「主人の手帳」をお作りになる場合は、こちらからお申し付けをください。なおこの費用として3,000円(税別)の費用を頂戴しております。「名古屋の仮住まい」へのご帰宅予告、「お申し付けの品」のご用命をいただけます。

「薄い手帳」をお作りしますか?

私たち執事の館・準備委員会は、1日5名様に限り、お手紙のお届けに専念した「薄い手帳」の作成を承ります。これをお作りするにあたって費用はいただきません。また、「主の手帳」への差し替え(アップグレード)も随時承ります。

次のお手紙を探しましょう。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション
BH407-06
愛知県名古屋市の葛餅 8月16日(月)発送分
BH487-02
仮住まいの生姜ドレッシング(池下) 8月16日(月)発送分
BH458-05
愛知県名古屋市のベーコン 8月16日(月)発送分
BH281-17
愛知県名古屋市のチーズケーキサンド 8月16日(月)発送分
BH049-CR-P-21
愛知県名古屋市のチークとルージュ【ピンク】 8月18日(水)発送分

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)