主(あるじ)の手帳

手帳を開く(ログイン)ために、メールアドレスと合言葉をお伝えくださいませ。

E-mail アドレス

合言葉(パスワード)

合言葉をお忘れでいらっしゃいますか?

家事係・泉(いずみ)

-

家事係・泉
性別 女性
生年 1994年(平成6年)
学歴 2017年(平成29年) 文学部日本文学科卒業

職歴 ございません。
資格 司書

読書アドバイザー

趣味 読書

茶道

特技 合唱

お仕えに至る経緯

私は、誰かのために奉仕できる仕事がしたいと常日頃から思っておりました。

ある時、私の友人からこの「名古屋の仮住まい」のことを知り、興味を持って調べさせていただきました。その中で、「主の手帳」を始めとする、旦那様、お嬢様のことをいちばんに考えた理念に深く共感致しました。

ご帰宅された旦那様、お嬢様に心地よく過ごして頂けますように、様々な方法で心を尽くす姿、そして何よりとても楽しそうにお仕えしている姿に、ますますこちらでお仕えさせていただきたいと強く思い、館の扉を叩いた次第にございます。

お仕えする喜び。

こうしたら喜んでいただけるだろうか、どんなものがお好きだろうか、と思いながらの盛り付けは何よりも楽しく、給仕係からお嬢様、旦那様が喜んでいらっしゃった、と聞いた時はやはりとても嬉しく思っております。また、ご帰宅されたお嬢様、旦那様が楽しく談笑なされながら食事をされる音や、別宅へご帰宅されたあとに「楽しかった」「美味しかった」「また帰りたい」というお言葉を頂いた時、私は至上の喜びを感じます。お嬢様、旦那様からは見えない場所でのお仕えではございますが、たった一言のお声がけが私の活力であり喜びです。

これから磨きたいこと。

手前味噌になりますが、私は茶道を9年間習っておりました。その茶道の中で、「調度品からお菓子、所作など、あらゆることをお客様に心地よく過ごしてもらえるように整える」という、もてなしの心と尽くす心を学び、それに深く感銘を受けました。ですが、学んだだけではまだ身についたとは言えません。その学び取ったものを、お嬢様、旦那様にお仕えする中で研鑽を積み、さらに昇華させていくことが私自身の課題と考えております。

お嬢様、旦那様にお伝えしたいこと。

私は、お嬢様、旦那様には見えない場所でお仕えしております。ですので、直接お会いしたり、お話しさせていただくことはございませんが、キッチンに聞こえてくる楽しそうなお声、そして給仕係や介添係から聞くお姿から、私は常にお嬢様、旦那様のことを想ってお仕えさせていただいております。 まだまだ未熟な身ではございますが、楽しんで、そしてリラックスしてご帰宅いただけるように、研鑽を積み、誠心誠意努力していきたいと思っております。

お申し付けの品

近日、執事の館・準備委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承くださいませ。

イメージ お品の概要 アクション

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・準備委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」をお持ちくださいませ。

私たち執事の館・準備委員会が提供いたします「名古屋の仮住まい」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

主の手帳【有償】

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)

仮の手帳【無償】

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メルマガ)
  • お誕生日のお祝い(メール)